F 沿革|KandK ケーアンドケー
Home > 企業情報 > 沿革
  • 企業情報

  • 沿革

    • 1987年
    • 10月
    • 諏訪市渋崎1796に潟Pーアンドケーとして創立
      新電電三社の代理店となり営業活動を開始する
    • 1988年
    • 01月
    • 古河電気工業鰍フ代理店となる
      金属加工製品の販売を本格的に開始する
    •  
    • 04月
    • NTT取次店となる
    • 1990年
    • 03月
    • 電話加入権のレンタル開始する
    •  
    • 04月
    • 資材代行業を本格的に開始する(県外ユーザーより)
      昭和電工鰍フ代理店となり、ピチットシート、レッドキーパーの販売を開始する
    • 1991年
    • 04月
    • NTT販売店となる
      信州大学病院 信和会に患者用レンタル電話システムを納入する
    • 1992年
    • 01月
    • 学生向けレンタル電話の活動本格化する
    •  
    • 08月
    • (社)全日本電話取引業協会の会員となる(郵政大臣許可第1631号)
    •  
    • 10月
    • 現 諏訪市豊田に本社、倉庫、新築移転
    • 1993年
    • 04月
    • 海外営業部開設
    •  
    • 10月
    • 台湾からの輸入本格化する
    • 1994年
    • 01月
    • 台湾永輝工業と業務提携
    •  
    • 04月
    • 永輝工業にて液晶テレビ用電池ケース生産開始
    •  
    • 06月
    • 台湾製品の国内ユーザー向け販売が本格化する
    • 1995年
    • 04月
    • 日本製品電子部品輸出開始(東南アジア向け)
    • 1996年
    • 01月
    • 台湾経済部より公司ライセンス取得(貿易を含む)
      台北市に【台湾ケーアンドケー】を開設
    •  
    • 05月
    • OEMによるスイッチングパワーサプライ生産開始(台湾)
    •  
    • 10月
    • 創立10周年記念祝賀会を社員、社員の家族と共に盛大に行う
    • 1997年
    • 05月
    • 信州ジャスコ鰍フ各店舗において電話加入権の販売、レンタルが本格化する
      台湾製金型の販売(樹脂成形)開始
    • 1998年
    • 08月
    • 業務拡大の為、現地に台湾K&K移転
    •  
    • 09月
    • 写真入名刺、コミュニケーションカード、ポップ、ポスター等の製作を始める
    • 1999年
    • 02月
    • 台湾経済部より輸出貢献企業として(スイッチングパワーサプライ)、
      優良事業所表彰される(PH)
    •  
    • 04月
    • 自然環境保護の為、廃紙を利用した名刺の作成を始める
    • 2001年
    • 06月
    • 香港に【香港ケーアンドケー】開設
    • 2008年
    • 03月
    • 中国深圳事務所が中国政府より承認を受ける
    • 2009年
    • 12月
    • 資本金を1900万円から3500万円に増資
    • 2010年
    • 06月
    • 業務提携先の永輝工業新社屋設立に伴い一部移管
    •  
    • 08月
    • 中国に【香港ケーアンドケー 上海事務所】開設
    • 2011年
    • 12月
    • ISO14001:2004,JIS Q 14001:2004 認証取得
    • 2014年
    • 01月
    • 台中に【台湾ケーアンドケー 台中営業所】開設